«

»

3月 05

農業は地域活性の主役となれるか(5周年記念シンポジウム)

みやじです、こんにちは~

 

無事、シンポジウムを開催させて頂きました。

01_こせがれシンポジウム外観 02_こせがれシンポジウムあいさつ

03_こせがれシンポジウム5年間の振り返り

04_こせがれシンポジウム展示物

05_こせがれシンポジウム大調査

 

2/21の5周年記念シンポジウム、お陰様でかなりおもしろいお話を

お聞きすることができました。

 

『農業は地域活性の主役となれるか』というテーマを提供しておいて、

「あまり地域活性という言葉は使いたくない」とセッションをスタート

してしまいました。

 

10_こせがれシンポジウム

地域活性というのはよく使われる言葉ですが、

 

何をもって地域活性とするのか、

地域や立場、求めるモノによって大きく変わってくるはずです。

 

それをひとくくりに地域活性といってしまうと、途端にあいまいな

ものになってしまうようで。

 

農業と一口にいっても、土地利用型、都市近郊型、中山間地域の

農業では全く違うんだよ、という話と一緒ですね。

 

 

少し考えましたが、今回は「雇用の創出」を切り口に

はじめてみました。昔は、

 

地域活性の特効薬は企業の工場誘致

 

といわれたそうです。わかります。大企業の工場ができれば、

地域に数百名という単位で雇用が生まれるわけですから。

 

しかし、今や工場はどんどん海外に移転し、工場誘致はあてに

ならない時代になりました。

この流れを受けて、「農業は地域活性の主役となれるか?」

について考えていきましょう。

 

そこで、農業と食を軸にしたまちづくりで総務大臣表彰を受賞し、

全国各地から視察が絶えない島根県邑南町から町長に

お越し頂いて、まちづくりについて語って頂きました。

 

邑南町のまちづくりについては以前記事にまとめたので

こちらを参照して頂ければ・・・

 

島根県邑南町A級グルメ立町への道「道の駅編」

 

島根県邑南町A級グルメ立町への道「ネットショップ編」

 

島根県邑南町A級グルメ立町への道「Oh!セレクション」

 

 

今回のセッション、非常に興味深く、一つ一つ紹介していると

キリがありませんので、おもしろかった点を抜粋させて頂きます。

 

ヤンマーさんからは、地域活性と農業の事例として、

集落営農の経営支援についてお話頂きました。

大企業の持つマネジメントのノウハウを集落営農に持ち込む

ことで経営を大きく改善したというお話でした。

 

ヤンマーさんにとっても、農業の衰退はマーケットの縮小なので、

「農業界を元気にするには?」を常に考えています。

 

また、大西さんからは「農家」は「音楽家」や「芸術家」と同じく

「家」がつく職業であり、クリエイターとして相通ずるものがある

という指摘を頂きました。

 

自分の想いをカタチにすることができる仕事であることを改めて

気付かせて頂きました。この指摘は目から鱗でした。

 

 

邑南町では耕すシェフというかたちで、農業×料理人という新しい

働き方を提案し、都会からのIターン者を募っています。

実際に我々のネットワークからも移住者が出ています。

 

新規就農者の8割は60歳以上です。

若い担い手が増えていかなければこの業界は衰退してしまう。

そうしたときに、実は農業の持つ可能性というのは、我々が思って

いるよりもっと大きいことを改めて認識しないといけないでしょう。

 

例えば、僕も農家です。農家ですが、農作業はしていません。

でも、農家です。

 

耕すシェフというあり方も農業です。

 

僕自身、農作業もしていないのに何が農家だと嫌みを言われたことも

あります。ですが、農業に従事していることに誇りを持っています。

今までの考え方を若い人に押しつけるだけでは、若い担い手は絶対に

増えません。

 

担い手不足という農業界が抱える課題はここ数年のことではありません。

もう何十年も同じことを言っているわけです。

何十年も変わっていないというのは、考え方とアクションの仕方が

間違っているからです。

 

今回のセッションでも、農家のこせがれネットワークにはもっと

頑張ってもらって新規就農者を増やして欲しいという叱咤激励も

頂きました。

 

 

我々も次の5年ではこの点を強く意識して活動していきたいと

考えています。

 

 

シンポジウムの内容はだいたいこのような感じです。

僕らと繋がりの深い就農した元気なこせがれにも来て頂きました。

06_こせがれシンポジウムショーツスピーチ土遊野

07_こせがれシンポジウム竹鶏ファーム

 

大調査については?

 

これからの農家のこせがれネットワークはどうなるの?

 

こちらについては、今週末8日のイベントでまたお話をさせて頂きます☆

ぜひ、遊びに来て下さいね~

お待ちしてます~

 

3/8 農家のこせがれネットワーク5周年記念報告会&農家サミット

 

 

懇親会も盛り上がりました☆

13_こせがれシンポジウム懇親会

14_こせがれシンポジウム懇親会2

15_こせがれシンポジウム懇親会3

 

 

3/8 農家のこせがれネットワーク5周年記念報告会&農家サミット

Permanent link to this article: http://blog.kosegare.net/?p=472

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次の HTMLタグおよび属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>